フリーソフト トップ
データ復元
ファイル共有カボス
デジカメ写真縮小
Gifアニメを作る
ファビコンを作る
動画の画面撮影
パスワード付きファイル
巨大なファイルを送る
PDFファイルを作る
グーグルクローム
googlemap作成
無料ウイルス対策
画像編集
MP3音楽をカットする
読んでココ体験
Gmailで迷惑メール対策
音質を変えて録音
メールを知らせる
手書き文字を作る
無料外部ストレージ
移動出来ないファイル
HDDドライブ分割
画像を全部ダウンロード
ブログをチェック
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでココ!画像の中から文字を認識して読み込むソフト。(フリーソフトではありません)スキャナやプリンターにバンドルされているときがある
新聞や雑誌。古いワープロで書いた原稿。。それらをテキスト文字に読み込んでワードやエクセルやその他で使う便利なソフトです。
(こういうソフトはあるのは知っていたんだが使うのは初めてです。うまく使えるか?ほとんど知らないのです)
一番大事なのは識字率って言うのかなあ?うまく変換されているかどうかです。
 
とりあえず新聞を読み込みます。(朝日新聞夕刊2008年11月18日)のトップページの記事(知床 地の先の夢出航)という記事です
カラーモードを(テキストOCR)にして300dpiで読み込みます
読み込んだら、赤丸のところ、向きの自働判別やその隣を適当に押す(笑)
基本はスキャン-領域抽出ー認識 これだけですから簡単です!
 
全部読み込んだらこんな状態。赤で囲まれているところはすべて文字だと思って読み込まれる。
知床や地の先の夢出航とかは読み込まなくても、後でキーボードで入力したい。
だから、画像で削除しておくか?スキャンするときに選択してスキャンしたほうがいい。
ほしいのは、本文の記事だから。。。
本文の記事↓写真はクリックすると大きくなります。
 
結果
こちらは読み込んだテキストそのままです。 段落とかを修正したもの。
世界遺産の知床半島を巡る
「先住民族エコツアー」は、ア
イヌが案内人をする。出発時に
は、祈り。狩りや採集で森へ入
るアイヌが、カムイ(神)にさ
さげているように。
  ツアーは、舟造りに夢を寄せ
る男2人が出会い始まった。
          ゆうきこうhじ
  1人は札幌の結城幸司(44)。
   しょうじ
父、庄司は70年代のアイヌ解放
運動の先鋭だった。和人の母は
そんな父について行けず、家を
出た。結城は8歳の時、神奈川
県の親類に引き取られた。
  「家庭を壊してまで、主張す
るアイヌって何だ」。父親への
反発から、結城はアイヌと距離
を置く。そして「カネがすべ
て」と思っていた20代、働いて
いた東京の不動産会社が倒産し
た。バブル崩壊だった。
  途方に暮れて読みあさった啓
発本の中に、北米インディアン
の本があった。動植物に神が宿
ると借じ敬う彼らと、「花や草
はむやみに採られると悲しむ
よ」と幼い結城を諭したアイヌ
の祖母の言葉が重なる。
  「懐いた青春の中で、救いを
アイヌに求めたんだね」
  結城は8年前、札幌に戻る。
丸木舟に板張りを施したアイヌ
の「イタオマチプ」を造る事業
に参加するためだった。
  完成した舟は札幌の展示館に
納められ、結城はショックを受
けた。「アイヌ文化は、過去を
振り返るためのものじゃないは
ずだ」。海にこぎ出すため、も
う一度、舟を造ろうと決めた。
のころ、藤崎はケネス・ブラウ
ワーの「宇宙舶とカヌー」を読
んでいた。宇宙船づくりを目指
す物理学者の父と、カナダ沿岸
で先住民族のカヌー造りを計画
する息子の話。「白分の手でつ
くれて、世界中に飛び出せる」
カヌーにひかれた。
  結城を知床に引っ張ったのが
NPO法人「知床ナチュラリス
         ふじさきたつや
ト協会」の代表、藤崎達也(39)
だった。大学を卒業し、東京の
白動車メーカーに勤めたが、3.
年後、結婚を機に仕事を辞めて
知床に移住した。自然の少ない
東京にずっと住み続ける自分
を、想像できなかった。
  地元のホテルで働き始めてす
ぐ、ツアーに満足できなかった
中年の女性客を、感の見える絶
壁へ案内した。一緒に歩いただ
けだが、大書びしてくれた。自
分をとりこにした圧倒的な良
然、知床を知ってもらいたく
て、ツアーガイドを始めた。
  ただ、アイヌのガイドはいな
かった。「知床」という名はア
イヌ帯の「地の先、岬」に由来
する。「知床の自然を語るの
に、アイヌ抜きでいいのか」
  00年、札幌のイベントに参加
した藤崎は、そこで結城が舟を
造ろうとしているのを知る。そ
「・lヽ.、
.慎
jinmyaku@asahi.com
■′,∫≡llt■■ . !■.
√l血_■』血血」、
針∵
結城幸司さん
  舟の取り持つ縁で知り合った
2人は、アイヌの知恵を蕎りな
がら知床半島を歩くエコツアー
を始めた。昨年、結城の友人の
はやさかまさよし
早坂雅賀(41)も常駐ガイドとし
て加わった。
     いしい
  札幌の石井ボンベ(63)もイベ
ントの時に手伝う。ボンベは、
幼い子をさすアイヌ語。親にそ
う呼ばれていた。
  家は貧しく、絵の具が買えな
かったので、中学校の美術では
モデル役だった。「くさい」
「犬」と言われ、学校は月に1
回しか行かなかった。
  代わりに向かったのが、山だ
った。山菜探りや猟をする父の
後ろについて歩いた。
  ガイドをする石井の手提げか
らは、シカを呼ぶ草の笛、胃腸
にいい茶など、昔学んだ山の恵
みが出てくる。ツアー申、手作
りの弦楽器で、自作の歌を歌い
出す。
  「大地を奪われ、青葉を廃止
され、文化も禁止され、なぜ、
なぜ、なぜ、ノチュー(星)の
カムイ(神)よ、ウパシ(雪)
のカムイよ、レラ(風)のカム
イよ、教えておくれ」
  彼らは昨年、長さ6b、直径
1bほどの倒木を見つけた。皆
で月に1、2回集まって、木を
くりぬき、舟造りをする。
  完成したら、海のエコツアー
にこぎ出そう。舟の名は「レプ
ンカムイ(沖の神=シャチ)」
と決めている。 (山田理恵)
 世界遺産の知床半島を巡「先住民族エコツアー」は、アイヌが案内人をする。

出発時には祈り。

狩りや採集で森へ入るアイヌが、カムイ(神)にささげているように。

  ツアーは、舟造りに夢を寄せる男2人が出会い始まった。

           1人は札幌の結城幸司(44)。

  父、庄司は70年代のアイヌ解放運動の先鋭だった。

和人の母はそんな父について行けず、家を出た。

結城は8歳の時、神奈川県の親類に引き取られた。

  「家庭を壊してまで、主張するアイヌって何だ」。

父親への反発から、結城はアイヌと距離を置く。

そして「カネがすべて」と思っていた20代、働いていた東京の不動産会社が倒産した。

バブル崩壊だった。

  途方に暮れて読みあさった啓発本の中に、北米インディアンの本があった。

動植物に神が宿ると借じ敬う彼らと、「花や草はむやみに採られると悲しむよ」と幼い結城を諭したアイヌ の祖母の言葉が重なる。

  「懐いた青春の中で、救いをアイヌに求めたんだね」
  結城は8年前、札幌に戻る。

丸木舟に板張りを施したアイヌの「イタオマチ」を造る事業に参加するためだった。

  完成した舟は札幌の展示館に納められ、結城はショックを受けた。

「アイヌ文化は、過去を振り返るためのものじゃないはずだ」。

海にこぎ出すため、もう一度、舟を造ろうと決めた。

結城を知床に引っ張ったのがNPO法人「知床ナチュラリスト協会」の代表、藤崎達也だった。

大学を卒業し、東京の白動車メーカーに勤めたが、3.年後、結婚を機に仕事を辞めて知床に移住した。

自然の少ない東京にずっと住み続ける自分を、想像できなかった。 地元のホテルで働き始めてすぐ、ツアーに満足できなかった
中年の女性客を、感の見える絶壁へ案内した。
一緒に歩いただけだが、大書びしてくれた。
自分をとりこにした圧倒的な良然、知床を知ってもらいたくて、ツアーガイドを始めた。
  ただ、アイヌのガイドはいなかった。
「知床」という名はアイヌ帯の「地の先、岬」に由来する。
「知床の自然を語るのに、アイヌ抜きでいいのか」 00年、札幌のイベントに参加
した藤崎は、そこで結城が舟を造ろうとしているのを知る。

そのころ、藤崎はケネス・ブラウワーの「宇宙舶とカヌー」を読んでいた。

宇宙船づくりを目指す物理学者の父と、カナダ沿岸で先住民族のカヌー造りを計画する息子の話。
「白分の手でつくれて、世界中に飛び出せる」カヌーにひかれた。

舟の取り持つ縁で知り合った 2人は、アイヌの知恵をりながら知床半島を歩くエコツアーを始めた。

昨年、結城の友人の早坂雅賀(41)も常駐ガイドとして加わった。
 

 

   
  札幌の石井ボンベ(63)もイベントの時に手伝う。
ボンベは、幼い子をさすアイヌ語。親にそう呼ばれていた。
  家は貧しく、絵の具が買えなかったので、中学校の美術ではモデル役だった。
「くさい」「犬」と言われ、学校は月に1回しか行かなかった。

  代わりに向かったのが、山だった。山菜探りや猟をする父の後ろについて歩いた。
  ガイドをする石井の手提げからは、シカを呼ぶ草の笛、胃腸にいい茶など、昔学んだ山の恵みが出てくる。

ツアー申、手作 りの弦楽器で、自作の歌を歌い出す。

  「大地を奪われ、葉を廃止され、文化も禁止され、なぜ、なぜ、なぜ、ノチュー(星)の カムイ(神)よ、ウパシ(雪) のカムイよ、レラ(風)のカム イよ、教えておくれ」
  彼らは昨年、長さ6b、直径 1bほどの倒木を見つけた。

皆 で月に1、2回集まって、木を くりぬき、舟造りをする。
  完成したら、海のエコツアー にこぎ出そう。舟の名は「レプ ンカムイ(沖の神=シャチ)」 と決めている。 (山田理恵)

■ほとんど文字の間違いがないのだが。。少しある(名前のところのふりがな)も読み込んでしまう
  青と言とか、よく似た文字を。。
このくらいの誤差なら十分使える。。

カタログの裏面によくある。小さい文字もスキャンしてみました。

 繁1RAWファイルをJP∈G形式の画伽こ変換、加工・調整してから現像する際には、DMC−GIK/GIW/GlのRAWファイルに対応した付属(CD−ROM)のソフトウェア「SILKYPIX濫DeveloperStudIO30SE」をご任用ください。歎2「JLii■AF/AE」、「コントラストAF」に対応するレンズは、「LUMlXG
    VARl014−45mnVF35r56ASPH/MEGAO.rS」、「LUMIXGVARI045−200mm/F4.0−5.6/MEGAOl.S」と、マウントアダプター(DMW−MAl)を介して装着したフオーサーズシステム規格のコントラストAF対応レンズです。コントラストAF非対応のレンズはMFのみとなります。競3Pモード時プログラム
    シフト可能。※4連写速度は途中から遅くなります。32GBSDHCメモリーカードまで対応。薬5対応フラッシュライト:PanasonicDMW−FL500/DMWrFL360。[ご注意]市販の外部フラッシュはシンクロ端子が高圧のものがあり、本書を故■させる屠因となります。必f当社指定の外部フラッシュをお使いくだ
    さい。※6商品本体での使用時はEX光学ズーム(Ex.opticalZoom)を省略し、EZと表示されます。各アスペクトでの最大記録画素数以外の記鏑画素数を選ぶと、EX光学ズームON時ズーム倍率がアップします。※7カメラ僧ではできない設定もありますので、プリンターの取扱説明書もお読み下さ
    い。※8PanasonlC製512MBSDメモリーカード使用。檀影枚数はバッテリーの保存状態や使用状況によって多少変わります。嬬影枚数は嬬影間隔によって変わります。撮影間隔が長くなると嬢影枚数は減少します。
   ●CIPA規格は、カメラ映億機器工業会(Camera&lnlag■ngProducIsAssoc■at■On)が定める電池寿合測定方法■ウいての統一規格です。詳しい測定方法については、カメラ映倫機器工業会のホームページをご覧ください。http伽W.CPaJP●手プレ補正機能L=よるプレ補正軋檀影条件によっては写真のプレを除け
    ない場合があります。全ての環境下での効果を保証するものではかはせん。●SDメモリーカード、SDHCメモリーカードは別売です。●Adobeは、AdobeSystemslncolpOrated(アドビシステムズ社)の米国およびその他のElにおける登録商標または商標です。●MICrOFourTTlirdsロゴは商標です。●HDMl、HDM旧
    ユ及びHlgh−DeflmtlOnMultlmed■alnterFaceは、HDMILicensingLLCの商標または、竪領商標です。
     _____             ̄■▲−▲  − ̄ ・. ̄▲・   .■▲▲▲lll.一・二二 ̄丁.二・・二丁.丁. ̄ ̄丁二二二二二・・・・・.Tl. ̄ ̄       ̄■− ̄   ̄「
あまり小さすぎて読み込めていないかなあ
手書きの丸文字も無理みたいです。